悩み相談:結果を焦ってしまう・・・占いのアドバイスをうまく活かすにはどうすればいい?

占い師あや
こんにちは、占い師あやです!
今回は、リピーターのお客さまより記事にしてほしいとリクエストがありましたので、質問をそのまま掲載させていただき、2記事にわたって回答します。

以下、ご連絡いただいた内容です。

あや先生 先日もありがとうございました。今度、記事にして頂きたいことがあります。

私、結果を焦りすぎて、アドバイスを上手く生かせてないことが多々あります。

焦りすぎるため、上手くいかないことに凹むというサイクルにはまります…
頑張りたい気持ちがあるのに。

こういうタイプの人ってどう、アドバイスを活かすのが良いんでしょう…

また、占い師さんによってはあくまでも占いなので、とか言っちゃう人もいますが、占われる私たちは、先生方のアドバイスを信じちゃいけないのかしら、と不安になります。

こんな私のような方々がジプシーになるのかと思います。

今回、記事にしたのは、このような相談って本当に多いからです。

この質問には2つ軸があります。
1つ目は焦ってしまってアドバイスをうまく使えないがどうしたらいいか
2つ目は占いを信じてもいいのか、占いジプシー(占いの依存)

今回の記事では1つ目の「焦ってしまってアドバイスをうまく使えないがどうしたらいいか」からお話していきますね。
2つ目の「占いを信じてもいいのか、占いジプシー(占いの依存)」はこちら

・結果を焦りすぎて、アドバイスを上手く生かせてないことが多々ある。
・焦りすぎるため、上手くいかないことに凹むというサイクルにはまる。
・頑張りたい気持ちは持っている
・占いからもらったアドバイスをどう活かせばいいかわからない

小分けにしてみると、問題なのは「焦る」という部分ですよね。
「焦り」が先行してしまって「アドバイス」をもらっても前向きになれていない。

物事を考えていくときは順番に・・・まず質問内容をまず細分化していきましょう。

何に対して焦っているのか。

文中からだと「結果がでてない」、または「結果がはやく現れてほしい」ことに焦っていると読み取れます。ここでいう「結果」は、ポジティブな意味だと思うので、「結果(成功)」としましょう。

では「結果(成功)」ってどのように現れてくるのかというと、「行動」の先ですよね。
何もしなければ、「結果(成功)」には辿り着かないので。

では次に「行動」にフォーカスします。

「結果(成功)」を出すための「行動」に取り組んでいるのか、取り組んでいないのか。

文中の「上手くいかないことに凹む」というところから、この方は「行動」を起こしていると想定します。
(行動していないのに焦る方がいた場合は、時間を有効的に使うことができていないと考えられます、また別の機会にお話ししますね。)

目的に向かって勉強したり、人に会いにいったり・・・など、これは目指しているものにより様々ですが、行動・挑戦している状態です。

ここまで問題ないですよね。ということは文中の

「焦りすぎるため、上手くいかないことに凹むというサイクルにはまる」

ここが問題の箇所ですよね。焦ってしまって、時間がないとか思うと失敗していられないと考えてしまったり。
また、逆もしかり、うまくいかないことからへこんでしまって、焦っているとも解釈できます。

では、原因が明確になってきたところで
行動していく過程で焦らないようにしていくにはどのように考えていけばよいのか。

ある例を使って、マインドセットの方法とアドバイスの受け取り方を答えていきます。

焦らなくていいし、凹む時間はない。

ネットビジネスにおける成長曲線のグラフをみたことはありますか?

成長曲線とは、成長の過程を表したものなのですが、ネットのビジネスの世界で有名なグラフがあります。

占い師あや
胡散臭い話ではないので、身構えないで聞いてください。笑

私はネットビジネスではなくても他分野で通用する話だと思っていて(成果報酬型のケースだとより似てくるそうです)、何かに挑戦するときのマインドセット方法のひとつとしてご紹介します。

私たちは、何か成功したいこと、目指したいことがあったとき、努力していきますよね。

「努力の積み重ねが成功へと導く」なんてよく聞きます。
では、実際どのように「導かれる」か、グラフで想像してみてください。

※グラフの説明で、下記の言葉をつかっていきます。
「結果(成功)」=目標。
「行動」=目標を目指すための努力、または挑戦。
「成果」=行動することにより得た結果、または実力。

【グラフA】

縦軸が「成果(実力)」の量です。上にいくほど実力がついてきています。
横軸が「行動(努力)」の量です。右にいくほど努力の量が多くなっていきます。

想像したものと比較してみるといかがでしょう?

多少上下が途中であったとしても、大体の方がこのように、「行動(努力)」と比例して着々と「成果(実力)」がついてくる流れを想像するとおもいます。

このグラフを人間の感情から表すと、こんな感じでしょうか。

【目標達成への感情】グラフAの場合
行動(努力)1回目 未知の世界に踏み込んだ、これだけで進歩!
行動(努力)2回目 前回の経験が活かせた、評判もいい!
行動(努力)3回目 新しい課題がでてきたけど、周囲にきいてみたら解決した!
行動(努力)4回目 人脈が広がってきてたくさん依頼がきた!
行動(努力)5回目 少し調整してみようかな、効率的にいこう。
行動(努力)6回目 調整したら時間できた。もっと挑戦!
行動(努力)7回目 利益率増えた!
行動(努力)8回目 事業拡大!!
行動(努力)9回目 もうちょっと!!!
行動(努力)10回目 目標達成ー!

なんか、書いてて気持ちいいですね。笑
理想的!努力してても楽しそうですよね。

ただ、現実は・・・

【グラフB】

人間の感情から表すと、

【目標達成への感情】グラフBの場合
行動(努力)1回目 未知の世界に踏み込んだ、これだけで進歩!
行動(努力)2回目 前回の経験は活かしてみたものの、評判はいまいち・・・。
行動(努力)3回目 新しい課題発生。周囲に聞いても自分の知識がなく、追い付けなくて必死。
行動(努力)4回目 人脈が広がってきて依頼はあるが、利益は少なく、ビジネスとして成り立っていない。
行動(努力)5回目 こんなにやってるのに全然みえてこない。試行錯誤やってみよう。
行動(努力)6回目 おかしいな。
行動(努力)7回目 え?なにか間違えた?
行動(努力)8回目 もうむりかも。やってて意味あるのかな・・・
行動(努力)9回目 あれ、なんか、いつもと違う。反応増えてきた?
行動(努力)10回目 ぇえ!?目標達成!?

目標達成しているのに暗い・・・笑

グラフAとBをあわせるとこのようになります。
【グラフA】→青い線
【グラフB】→赤い線

グラフAとBを比較すると、10回目の行動で目標達成をしているのは同じです。
なので、行動(努力)の回数=時間にしてみればどちらも同じタイミングで成功してます。

ただ、それまでの過程を比較すると、行動(努力)2回目~8回目まではまったく異なりますよね。

グラフBの
行動(努力)の量に対して、成果(実力)が伴わない期間が長く続く状態。
これが現実なんです。
要は、努力していても、成功に近づいているか全くわからない状態が普通ってことなんですよね。

グラフAの例については多少オーバーに表現しているかもしれませんが、理想と現実のギャップはストレスたまるし、不安にもなります。周囲に成功者が現れると更に助長しますし。

この、行動(努力)2回目~8回目の期間は人により半年だったり3年だったり様々で、努力に対して成果が見合っていないことで凹んでしまい、頑張っている分焦りがでてくる。これに耐え切れなく、脱落してしまう方もいます。

ただ、結果みてみればちゃんと目標達成している。
理想とは違うかもしれないけど、最終的にはちゃんと成功できるんです

この、グラフBの急激に上昇した地点を「ブレイクスルーポイント」なんて言います。

占い師あや

例題の説明に長くなってしまった!このグラフに興味ある人はGoogle先生に「ネットビジネス 成長曲線」とか入れてきいてみてくださいね~!

さて、話を戻します。

「焦り」の原因は「凹んでしまう」から。
の件について。

この例を使っていくと、グラフAを想像していた場合は、焦って当たり前ですよね。
努力に対して成果が見合わない時期があることを知らなければ、誰だって焦ります。

成功の前には見合っていない時期が続くんだと分かっていたら、焦ることは0にできなくても気持ちの負担は軽減はできます。

成功までの過程はきついかもしれませんが「凹む」サイクルはちゃんと終わります。
というか、凹んでいられないほど行動したほうがいいですね!

へこむよりも、なるはやで行動をひとつひとつクリアしていき、成功への到達をはやめていくことはできますから。

大事なのは、凹まなくていいので、根拠がなくても最後には成功すると思い込むこと。

「思いこむって・・・・無理!」とか思うかもしれないんですが、意識するってそういうこと。

完璧主義な人ほど真面目に考えるので、きれいに比例していくようなグラフAの理想形を想像しやすいです。
そして「失敗したくない!」という気持ちが強い方も多いです。

「失敗したくない」ということに関しては、ぜひ「量質転化の法則」を知っていただくとモチベーションを保ちやすくなると思います。
少し説明すると、たくさん行動して、大小関わらず失敗や成功を繰り返し、経験の量をこなすことによって質をあげていき、ある時点より質が良くなったものを量産していくことができるというものです。

量を増やすことに着目していると、失敗したくないとか言ってられなくなりますから。笑
ここに記載したグラフのとおりばかりではないと思いますがこのような結果もあるということを、参考にしてもらえればと思います。

占い師あや
世の中にはいろいろな法則があるんですよね・・・。おもしろい。

そして、占い師からのアドバイスをどうやって活用したらいいかという点についてですが、目標到達への過程の中で占いを利用してもらいたいです。

例えば、Aの案件とBの案件どちらから着手したほうがいいのか。
このような相談があったけど話にのっていいのか。などなど。

占いを自分のモチベーションをあげるための材料、道具にしてください。
成功に向けて行動し続けられるよう、自分の気持ちをコントロールすることを目指してください。
(相談2の方でお話しますが、出来るようになったらできるようになったら、たぶん占いの回数は大分減っていると思います。)

もちろん、最初から気持ちをコントロールするってなかなかハードなので、ネガティブになってしまう時期もあると思います。

それでも、自分が本当に目指したいものだったり、成功したい気持ちが強いのであれば、その気持ちからの派生で、自らの考え方を変えていけます。

目指すものがあるとき、人は強いんです。

モチベーションあげて、成功めざしていきましょう!

それでは^^

相談2を読んでいない方はこちら「悩み相談:占いジプシー、占い依存を脱する方法「占いを信じていいの?」」

 

最新情報をチェックしよう!
>占いを力に。

占いを力に。

私は占い師として、いろんな人と出会うたび、占いは人の力になるということを確信してきました。そして、占いだけではなく、占い師としての経験もだれかの役に立てればいいなと思い立ち上げたのがこのサイトです。占いが好きな人も占い師に興味のある人も楽しんで見ていただけたら嬉しいです。

CTR IMG