【おすすめ神社】天祖神社の「歌占」にとても感動した話。

占い師あや
こんにちは!占い師あやです。

本日は、ときわ台に鎮座する天祖神社の

「歌占」

について書きたいとおもいます^^

※この記事をアップするのは2020年4月ですが、実際に神社に訪問したのは2020年2月となります。現在、7都府県では緊急事態宣言が発出されてますから「stay home」でお願いしますm(_ _)mぜひ自粛解禁後にいってみてくださいね!

神社は好きなので、
今までもいろいろなところでおみくじをひいてきましたが、
関東にいながら、この天祖神社の「歌占」のことは知らなく!

知ったのは、ツイートで流れてきた和泉元彌さんのブログでした。

和泉元彌さんブログ:「歌占」初体験
https://ameblo.jp/motoya1974/entry-12576518027.html

「歌占」とは、いろいろ調べてみると

昔から伝わる、和歌による占いだそうです。

謡曲の「歌占」では、

「占い師の弓についた短冊を引き、そこに書かれている和歌をもとに占ってもらう。」

とかいてあります。
下記、曲目紹介から引用です。

そもそも和歌というものは、この世界のはじめ、
陰陽の二神が始めたもので、いまも宇宙の原理を体現する妙文なのだ。

さあさあ、その和歌によって、何でも希望のままに占いをしようぞ。

和歌を書き付けたこれらの短冊、そのうち一つを引くのだ。
その歌に書いてあることこそ、神の告げなのである…。

【引用】http://www.tessen.org/dictionary/explain/utaura

わくわくしますね、これは!

ちなみに、和泉さんは
「天宇受売命」をひくという・・・さすがです。

 

天宇受売命(あめのうずめのみこと)
※日本書紀だと天鈿女命

どんな神様かご存知ですか?

古事記や日本書紀を好きな方は知ってるかもですね。

 

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が岩戸に隠れていた時に、

岩戸の前で踊りを披露して、

周囲が爆笑したことから、

天照はなんでみんな笑ってるのか気になって

何事かと顔をのぞかせたという、

天照が岩戸からでてくる際にかなり重要な役目の神様です。

なんで爆笑していたかというと、服がはだけていたりと滑稽に踊っていたからだそう(!)

なので、芸の神様として、

芸能や舞台に関係する方は

この神様が祀られている神社に通ったりするんですよー。

 

私もジャンルは違いますが、

踊りを習っていたことがあって、

当時、この神様が祀られている神社を見つけては
参拝にいってました。

(なので、あめのうずめに関しては知ってる。笑)

 

歌占おもしろい!!
と思って、早速ときわ台の天祖神社に行くことに!

ときわ台駅すぐ近く、
緑の中に、ひっそりある神社です。

参拝後、早速歌占をお願いすることに。

まず、これを唱えてくださいと、ある言葉を教えられます。

「ちはやぶる 神の子ども集まりて 作りし占ぞ 正しかりける」

ホームページを確認したところ

「神の子どもが集まって作った占いは正しいのだなぁ」

という意味だそうです。

【引用】https://www.tokiwadai-tenso.com/blank-3

「ここで、かんだらどうしよう・・・」
と緊張しながらも正確に唱えました。笑

そのあと、弓にぶらさがっている紙を一枚ひきます。
結構わさわさしてました。

文字が見えるとだめなので、
目をつむってひいてくださいとのこと。

「なんの神様かなぁ~~~~~~~~~~~~~!!」

と楽しみにひいたところ

でたのが

・・・・・・・・・・・・・・・・!

長鳴鳥・・・?

え、鳥!?

 

二度見。笑

神様を想像していたので、
正直鳥という選択肢があるんだ!
というところにびっくりしました(笑)

で、巫女さんが絵を持ってきてくれて、
この鳥です、って教えてくれました。(赤丸のところ)

確かに!・・・・いる!なにか!笑

何度かこの天岩戸から天照大御神がでてくる絵は見ているけど、
鳥の存在には全く気付いておらず。

実際、内容を見てみると、

あーーーーうわーーーーーー
て感じで。

いや、これすごいわと。

以下画像とかいてあった和歌を紹介します。
===========

光呼ぶ 長鳴鳥の 常闇に
声高くして 朝を告げたり

【歌のこころ】
永遠に続くような暗闇の中、光を呼ぶ長鳴鳥が声高らかに泣いて朝を告げました。

・あなたは前向きなことばで状況を好転させる力を持った人です。
ゆったりとした声で明るく話すことを心がけるとよいでしょう。

・長鳴鳥は夜明けを告げる鶏で、その声には邪気を払う力があります。

・天照大御神が天の岩戸に隠れて世界が暗闇になったとき、
長鳴鳥は声を長くのばして鳴きました。

その声を聞いた天照大御神は、
自分のいない暗闇の世界に朝がきたのかと怪しんで、
外が気になりはじめました。

長鳴鳥の声が世界を変えるきっかけでした。
===========

なんかね、

ちゃんと読んでたら、
涙目になるくらいうれしかったんですよ。

お酒飲んでる時に見返すとなおさら!
感傷的になるもんで(笑)

私は占い師っていう仕事で、
メインは対面鑑定をやっていて、

「この人が前を向いて、自ら歩いていくにはどうしたら良いか」

というテーマを毎日のように考えているんです。

誰も答えを知らないテーマで、
唯一頼りになるのは、
鑑定時に使っているカード達なわけで。

毎日のように、
どうやったら鑑定結果がより伝わるのか、
悩み続けている状態。

それがデフォルトなんですよ。

きっと鑑定を行っている占い師さんなら、
誰もがそうなんじゃないかな。

だから

すごい励まされたんですよね。
この占いに。

読んだあと、

いやもう、いくらでも話して、いくらでも好転させるわ!!

って思いました。w

また、わたしの名前「あや」は本名なのですが、

漢字で書くと「彩」でして、

由来が、

世界が不景気で、モノクロの、無彩色の世界であっても、
周囲をカラフルに、彩れる人になれるようにと

つけられた名前なのです。
この占いを見た時に、親から聞いたのを思い出して。

名前に恥じないよう、
これからも頑張ろう、そう思えたのでした。

きっと、どなたがひいても、
この「歌占」は
勇気をくれるんじゃないでしょうか。

2020年4月現在、
自粛期間が長く続いている状態ですが、
この状態が落ち着いたら、
ぜひ神社へ足を運んでみてください^^

あなたにぴったりな歌が、届くとおもいます。

■天祖神社

・鎮座地
板橋区南常盤台2−4−3
東武東上線ときわ台駅南口より徒歩1分

詳しくはこちら
https://www.tokiwadai-tenso.com/blank

最新情報をチェックしよう!
>占いを力に。

占いを力に。

私は占い師として、いろんな人と出会うたび、占いは人の力になるということを確信してきました。そして、占いだけではなく、占い師としての経験もだれかの役に立てればいいなと思い立ち上げたのがこのサイトです。占いが好きな人も占い師に興味のある人も楽しんで見ていただけたら嬉しいです。

CTR IMG