占い師あや
こんにちは、占い師のあやです。
かなり久しぶりのサイト更新で、書き方を忘れております。

さきほど2020年から2021年に年があけました~。
あけましておめでとうございます。
あっというまの2020年でした。

サムネイルは、トレンドにもなった木星と土星です。(PhotoACから)
グレートコンジャンクション、思っていたよりも話題になりましたね、、!

星の動きとかを知ってる人からすれば、
2020年は特別の年になるだろうと予想していた人は多いとおもいますが、
まさかこのような事態を想像していた人はとても少ないんじゃないでしょうか・・

長引くコロナウイルスの感染拡大により、生活が大きく変わった方も多いとおもいます。
私もそのひとりです。

このような時代を占い師として生きていることは、なかなか稀だろうなと思うので、
今回は、この2020年の占い鑑定を従来の鑑定と比較してみました。

主観になりますが書いていきます。

きっと占い師さんにより感じてることも様々かと思いますが、ひとつの結果として参考にしてもらえれば。

で、最後にはちょっとしたおまけ「天秤座の占い師」を。

風の時代のはじまりってことですこしお話します。
大分かたよってますので興味のある方のみお読みください。

では、2020年がどのような鑑定だったのか、ふりかえっていきます。

鑑定の場所に苦労した・・・。

私の鑑定は、関東を中心に基本的にお会いして行います。

従来はカフェや居酒屋などでカードをひろげてやっていたのですが、
コロナにより、居酒屋もカフェも、食事をするところでは
会話を行うことを控えなければならなくなりました。

お店によりかなり差はあるものの、私がよく鑑定に使用していたカフェは
様変わりし、なかなか鑑定をしにくい状況となってしまいました。

占い師以外にも、ワークショップやコンサルなどでカフェを使用する人は多く、
中にはアクリル板を無視し、テーブルも離しているものをくっつけて
大人数にして今まで通りに行っている方達もいましたが、私にはその勇気はありませんでした;

大人数で集まっての対面鑑定はなるべくさけ、
カフェに長居をしなくていいようにスケジュール調整をしました。

また、私自身の話でいうと、
昼間は都内で別の仕事をし、夜に占い師をしているわけですが
昼間はリモートワークとなってしまって都内にでることがほぼなくなり、
都内での占い鑑定は基本行ってません。

都内のお客様には申し訳ないのですが、
指定の場所まできていただくか鑑定もリモートで行っている状態です、、

今後も、落ち着くまでは今のスタンスでいこうかなと思ってます。

人とコミュニケーションをとる仕事だからこそ、
自らが気を付けなければならないですからね。

サイト上で占いをすることを一旦やめました。

もともとこのサイトは2020年が初期に頑張って作成していて、
もっと記事数をのばしていくはずでした。

いままでの占いの経験をもとに、どんどん発信していこうと奮起してましたから。

しかし、対面鑑定を続けていく中で、一気にかけなくなりました。

これは他の占い師さんが実際どうだったか気になるところなのですが、
2020年の占いは、従来よりも鑑定内容が天と地ほどの差がすごかったのです。

正直、春頃までは、みんなこの先不安に思っていてそれぞれの葛藤があるのかな、
くらいに考えてました。大体コロナの影響を質問されるのかなと。
いつもは占いをしていない人も気になったりするよなーって。

ただ、実際鑑定していると、依頼者から受ける感覚が全然違いました。

「コロナでイベントが中止になり計画が白紙になった」
「コロナで金銭トラブルになり夫婦仲が悪くなった」
「仕事がなくなったので転職したい」

という想定内の内容から、

「とんとん拍子に結婚がきまった」
「引っ越したら、毎日楽しくなった」
「異性との出会いが増えて恋愛を満喫している」
「新しい仕事にチャレンジすることになった」

という、世の中の状況とはかけ離れた状態。
わかりやすいのを並べてみましたが、両極端なんですよね。

もちろん従来の鑑定だって人それぞれ悩みは違いますが、
温度感や必死さがコロナの影響により、差がとてもひらいた感じです。

メディアからの発信を全力で受け止めてしまい、不安感に煽られつつ、
「みんなが不幸だと思っていた」ということをいわれたこともありましたし、
その逆で葛藤・不安が全然ない人もいました。

(マスクの効果を信じてない方もいて、さすがにしてくれ・・・と思いましたが;)

この状況で、不特定多数の方に何を発信すればいいのか。
さっぱりわからなくなりました。

以前ニュースで、医療従事者の方が
「楽しそうなインスタをみてると辛くなる」
と発していたのを聞きました。

たとえば、医療関係でギリギリな精神力で働いている方が、
救いを占いに求めて、たまやまこのサイトをみたとして、
知らないうちにその人を傷つけることをしてしまったとしたら・・・
と思ったら何も書けなくなりました。

従来だったら、医療従事者の方も、その仕事を自ら選んで行っていると解釈しますが
きっと今回に関しては、選択をすることも出来ず、
ひたすらに命を助けてくれているんじゃないかと。

救うはずの占いが、傷つけることになるのはどうしても嫌でした。

「占いは当たる人もいれば、はずれる人もいるんだからいいじゃないか」
という意見もあると思いますが、単純に傷つけたくないんですよね。

対面であれば、その人に必要な内容だけで鑑定できるのですが、
今の私には、表現の限界があるんだなと改めて思いました。

そして、この状況下で発信し続けた占い師さん達を尊敬します。

占いはもとより、占い以外の知識もふんだんに持ち合わせ
様々な表現を使い、傷つけない占いをされている方がたくさんいらっしゃいました。

今回のことでいろいろ気づかされました。
あーまだ全然足りないなと。

なので、2020年は夏頃からアウトプットせず、
インプットばっかしてました。
本買いすぎました。

まだ自分の中で、どのようにしたほうがいいのか解決できていないので、
いろいろと見えてきたらまたサイト上で占いを作成していこうと思います。

バナー広告を削除しました

これも、このサイトのことですが、
今年コロナのニュースの合間に、占いコンテンツの課金多額請求についての報道をみました。

無料とうたっているのに、実際多額の金額を請求された、
または電話占い等で課金をかなりしてしまい生活に支障がでたなど、
状況は様々あると思いますが、
このような占いコンテンツの集客は、WEB広告が使われてるパターンが多くあります。
占い好きな人を狙えるよう、占い関連のサイトに表示させるようできますしね。

ついこの前までこのサイトにも広告枠をつけていたので、
私の記事とは関係ない広告が表示されていたかと思うのですが、
このようなニュースがあり、もし私のサイトから上記のようなコンテンツへ誘導されているとしたら
やっぱ嫌だな・・・と思いまして、とってしまいました。

他ジャンルだったらいんですけどね、、。
私が作っているような、なかなか紛らわしい広告もあるので・・・。

誘導先がわかっているリンクとかは管理しているので、そのままにしてあります。

鑑定依頼数は増えた?減った?

結果多少増えたと思います。
これは私の事情による影響が多いのかなと思います。

都内の方で、リモートができなかったりご都合が悪い場合はお断りさせていただいてましたが、
逆にリピーターさんからのご紹介で、初めての地で鑑定を行うことになり、
初めましてな出会いもたくさんありました。

知らない土地では、場所の確保が難しかったり
人を集めてスケジュール調整を行うことだってなかなかハードなのに、
私が鑑定するだけの状態にして、全て用意してくれておりました・・・。

おかげで、十分すぎるくらいの感染対策をバッチリしながら鑑定をすることができ、
この状況下で挑戦をさせてくれて本当に感謝。

また、もともと2020年挑戦をしようとしていたルノルマンカードのワークショップ。
コロナ感染拡大により、グループでは一回しかできなかったのですが、
マンツーマンでは依頼を何件かいただきました。
ただ鑑定結果を受け取るだけの人から、できるようになる人が増えてるってことですね。

学びたい理由などを聞いていると、
ルノルマンカードの認知が2020年も確実にひろがっていることを確信しました。

もし占いをよくされる方がいるのであれば、占いは自ら学んでみた方がいいですよ。

単純におもしろいですし、
自分の性質を知る手がかりや今後の計画を確かめるひとつの材料になりますから。

私のことでいうと、最近は西洋占星術のインプットばっかりしてますが、
知識が増えるたび、自分のホロスコープみてるとどんどん発見があって、
それもまたおもしろいです。

一番違ったこと。

コロナとは実際関係ない鑑定内容なのに、不思議だったんですが
泣く人がとても多かったです。男女関係なく。

大体新規の方だと、鑑定中に泣かれることも少なくはないのですが、
今年は特に多かったように思います。

きっと知らないうちに気を張っていたりするんだろうなと。
世の中の雰囲気とか知らずに取り込んでたりしますからね。

大体、泣くつもりじゃなかったのにー!っていって涙ぽろぽろしてるんでみんな。笑

泣けるときに泣いておいたほうがすっきりするので、
占いじゃなくても、映画とか漫画で泣くとすっきりしますよー!
泣く理由はなんでもいいけど、定期的に涙は流したほうがいいらしいです。

私は鬼滅の刃と約束のネバーランドの最終巻で何度も号泣しました。

泣きたい方はぜひ。

 

占い師あや

以上、2020年の鑑定振り返りでした!
きっと、占い師さんの立場によってそれぞれ感じたことが多々あるかと思います。

2021年も引き続き、占いに向き合っていったときに
どのような気持ちになるのか、今は全くわかりません。

2020年同様、自分無力だなー・・・って感じてしまうこともあるのかなと思います。
それでも、必要とされる限りは鑑定を続けていこうと意志をもってみようかなと。

占いがこれからの時代どのような扱われ方をしていくのかも、とても興味がありますし。

引き続きどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

占い師あや
ここからは興味のある方だけどうぞ

【おまけ】天秤座の占い師。

12月に発売された占い雑誌のマイカレンダーの特集をみていると、
2ページにわたり、占い師の方々の星座付きのメッセージがそえられてました。

マイカレンダーはこちら
https://mycale.jp/itemDetail.php?iKey=12

そこでびっくりしたのが、
天秤座(太陽星座)がいない・・・

自分が天秤座だからなのか、
勝手に天秤座の占い師は結構いるだろうとなんとなく思ってきました。
(他ページでは天秤座代表としてLove Me Doさんが掲載されてました)

自分でいうのもなんですが、人に対して敏感な天秤座はきっと占い師になっている人は多いと。

実際鑑定していても、天秤座の方の悩みは人との距離感など対人関係の悩みがとても多い。
喧嘩とかではなくて、空気を察知しすぎてしまうという疲れからの悩み・・・ですね。
(なので、一人時間大好きな人が多いのも特徴的ですが)

めっちゃわかるわー!!!って鑑定中いっつも言ってしまう。w

だからこそ、占い師だったり相談役にはなりやすい星座だと思ってきたので。
雑誌からみる限り射手座が多いのかな・・・?

マイカレンダーにもいろんな方が書かれてますが、
2020年12月にグレートコンジャンクションがあり、
風の時代が本格的にはじまりますよーっていう区切りがあり、
そこで風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)の占い師が
この時代をどう考えているのかとても気になってました。

特に風の中でも、天秤座は活動宮ですしね。
時代の流れを肌で感じるというか、初動を察知する人多いんじゃないかなって思ってたんですけど。
普通の人なら無意識だけど、占い師っていう立場ならよりそれを客観視できてるんじゃって。
勝手に考えてました。(ちょっとひいき気味だけどw)

私は正直、2020年は風の勢いも感じつつ、
同時に地の時代のラストスパート感もあったと思うんですよね。

ステイホーム実施により、いかに部屋の中を充実させるか考えたこと。
通勤がなくなると運動不足が躊躇にあらわれたため、運動の大切さを知ったこと。
全くしてなかった自炊を毎日するようになり、腸活に目覚めたこと。
友達やパートナー、家族、職場の人とのつながりを今一度再認識したこと。

これらって活動する上で必要となるベース、「地」に通じるものだよなって。

普段、こういったこと考えるのとても苦手だったんですよね。
でもそれを、ちゃんと教えてくれたというか。

「大事なんだよそーゆーの、できるようになってから風の時代にいってね」
っていわれたような気がして。

もともと天秤座は2020年「家」がテーマなところもありましたので相乗効果ですかね。

これを書いている今も、コロナの感染拡大は増加傾向で不謹慎かもしれないけど、
子供の時から「地」を象徴するものが苦手だった私にとっては、
風の時代による変化が、今後自分へどのように影響するのか楽しみでもあります。

これから、天秤座だけではなく、様々な立場の人がそれぞれの感覚で
きっといろいろな風を体験するんだろうなと。

引き続き感染対策をしつつも、
風の時代に上手くのっていけるような鑑定をしていこうと思ってます。

せっかく時代の変わり目に生きてるんだからね。

おまけがめっちゃ長くなった・・・笑

ではまた^^

最新情報をチェックしよう!
>占いを力に。

占いを力に。

私は占い師として、いろんな人と出会うたび、占いは人の力になるということを確信してきました。そして、占いだけではなく、占い師としての経験もだれかの役に立てればいいなと思い立ち上げたのがこのサイトです。占いが好きな人も占い師に興味のある人も楽しんで見ていただけたら嬉しいです。

CTR IMG